しみの予防

完全武装

しみ取り治療で取れるけども、やっぱりしみを作らないのがお肌にとっては一番よ。
しみ取り治療後も紫外線対策は必須!しっかりとメンテして、常に美肌をキープしましょう!

しみの予防法Protection

しみを予防する方法は2通り。

  • メラノサイトが活性化される要因を取り除く
  • ターンオーバーのサイクルが乱れる要因を取り除く

つまり、メラニンが作られる前と作られた後の対処をしっかり行うということが、しみ予防の基本的な考え方となります。

紫外線のカット

紫外線のカット
太陽から降り注ぐ紫外線

メラノサイトの活性化にも、ターンオーバーの乱れにも作用するのが、紫外線を浴びることです。
紫外線によりメラノサイトが活性化し、メラニンが過剰産生されるだけでなく、紫外線のダメージが皮膚に蓄積すると、細胞や遺伝子の損傷を進行させ、細胞を修復する再生能力まで衰えさせてしまいます。
しみの予防は、一にも二にも紫外線カットが重要なのです。
紫外線は、春先から夏にかけての最も強い時期だけでなく、一年中常に対策を講じておくべきです。 外出時はUVカットのクリームなどを忘れずに塗り、帽子や日傘等で紫外線を避けること。
しっかりした生地の長そでを着用し、肌をすっぽりと覆うのも忘れずに。
紫外線防止スプレーやサングラスなども効果的です。

ストレスをなくし十分な睡眠を

ストレスの影響する経路
何事もやり過ぎは良くない

疲労やストレスがたまると、メラノサイトを刺激する活性酸素を増えるため、しみが出やすくなってしまいます。
美肌を保つためには、日ごろから規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分にとってストレスをためないことが大切です。

喫煙も大量の活性酸素を生み出す原因となります。また、ターンオーバーを乱して肌の透明感を奪い、肌にくすみを引き起こします。

ビタミンを欠かさずに

フルーツ

お肌を活性化させる重要な栄養素がビタミン類です。
ビタミンCには、コラーゲンの生成を助けて肌にハリを与えるだけでなく、メラニンの生成を抑えるとともに黒色メラニンを薄くする働きがあります。
ビタミンEには、肌を攻撃する活性酸素から細胞膜を守る働きがあり、肌細胞の再生に不可欠です。また、アミノ酸の一種であるL-システインもしみを防ぐためには重要で、肌細胞のターンオーバーを助け、メラニンの排出を促進します。

これらの栄養素を多く含む食品は、別表のとおりですが、毎日食事からすべてをとるのは大変です。
その点ビタミン剤やサプリメントは、いつでも手軽に効率よくお肌に良い栄養素を摂ることができます。
しみを防ぎ美肌を保つために、ビタミン剤やサプリメントを有効に活用したいものです。

お肌の保湿

お肌の保湿

肌は十分な水分量がなければ正常なターンオーバーを行うことができません。紫外線等でダメージを受けた肌細胞を再生するには十分な水分が必要不可欠です。 肌が乾燥しているとバリア機能が衰え、紫外線の影響を受けやすくなります。よって肌の乾燥を防ぐため、洗顔の後はすぐに保湿を心がけましょう。
刺激の少ないせっけんや洗顔剤をよく泡立て、やさしくマッサージし、ぬるま湯で洗い流すようにします。

洗顔後のスキンケア用品は、ビタミンC系をメインにしたうえで抗酸化作用の高いもの、保湿作用の高いものを補っていくようにしましょう。

化粧品クリーム、乳液、美溶液またはファンデーションなどのコスメには油分が含まれているものが多くあります。これらの化粧品中に含まれる油分が紫外線の影響や空気に触れて酸化されることで、肌に刺激を与え、メラニンを過剰生成する原因となってしまいます。できる限り紫外線に当たらないようにしたり、不要になったメイクはすぐに落とすようにするなど気を配りましょう。

正しいスキンケアをする

皮膚が摩擦などの物理的な刺激を受けると、防御反応としてメラニンがたくさん作られます。
洗顔やクレンジングというのは皮脂汚れや化粧などを落とすために必要なスキンケアですが、肌に刺激を与えないように気をつけましょう。
皮膚はとても傷つきやすく、ちょっとした摩擦でも角質に細かい傷がついてしまい、メラニンを生成する原因となってしまいます。特に顔の角質層は薄いため、ほかの部位よりも優しく洗わなければなりません。たくさんの泡で優しく洗うことを心がけましょう。

サイズが合っていない下着を身に着けていると、皮膚への圧力によって色素沈着を起こすこともあります。特にプロポーションを保つ目的で積極的に補正下着を身に着けている方は、体形を気にするあまり、色素沈着に対して不注意になっている場合が多く見られます。メイクの時も気づかないうちに皮膚に強い刺激を与えていることがあります。特にシミ取りレーザーの治療後は肌が敏感になっているので、 なるべく刺激のない方法を心がけましょう。

ニキビケア

ニキビケア

ニキビは物理的な刺激によってさらに免疫が反応して炎症が悪化してしまいます。
メイク、洗顔、クレンジングの際にはニキビ部分にはデリケートに扱うようにしましょう。

皮膚が炎症を起こしている時にさらに紫外線ダメージを受けることでメラニンの沈着がひどくなることがあります。屋外に出るときはニキビへの負担が少ないパウダータイプのファンデーションを使用しましょう。

ニキビがいくつも化膿して悪化した場合は迷わず皮膚科医に来院しましょう。抗生物質の外用薬や内服が中心になります。
たかがニキビと見くびらずに、早期に処置することが重要です。

堀江|都会の喧騒から程よく外れた好立地、静かに優雅に女を磨く美魔女の聖地

このページのトップへ戻る