しみのメカニズムと種類

しみってなんなの!?治るの?治らないの?

「キー!しみってなんなの!?治るの?治らないの?はっきりして!」

しみは発生する原因によって、数種類に分けられます。しみの種類によって治療法や予防法が異なるため、知っておいて損はありません。
「そこのしみ!コソコソ隠れてないで正体を現しなさい!」

しみのメカニズムmechanism

そもそも何でしみなんてできるの?

しみの原因の8割が紫外線によるものだと言われるぐらい、お肌にとって紫外線は天敵です。
紫外線を浴びると、皮膚組織の深くにある「メラノサイト」から細胞を守るために「メラニン」が発生します。
この黒いメラニンは、お肌への紫外線からのダメージを防ぐための日傘の役割をします。

通常ならメラニンを含んだ表皮細胞は新陳代謝によって剥がれ落ち、肌は元の状態に戻ります。
しかし、新陳代謝が低下していたり、繰り返し紫外線を浴び続けていたりすると、うまくメラニンが剥がれ落ちず、シミやソバカスとなって残ってしまうことがあります。これがしみができるメカニズムです。

しみのメカニズム

ターンオーバーが乱れるとメラニンが代謝されない

ターンオーバーが乱れる色々な原因

皮膚の細胞は、約28日周期で新しい細胞に生まれ変わる「ターンオーバー(新陳代謝)」を繰り返しています。
ところが様々な要因によりターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、本来剥がれ落ちるはずのメラニンも、そのまま滞って色素沈着(シミ)となってしまいます。

あなたのしみはどのタイプ?

  • 紫外線によるしみ
  • 炎症後の色素沈着
  • 肝斑
  • そばかす

しみの種類と原因Kind & Factor

紫外線による老人性色素斑

しみの殆どがこのパターンであり、紫外線を原因とした顔・手の甲・腕・背中など、日光によくあたる部分にできる茶色いシミです。
最初は色が薄く目立ちませんが、少しずつ濃くなり境目がはっきりしてきます。
特に中年以降に増えてきますが、20代後半から出てくることもあります。

炎症後の色素沈着(PIH)

虫刺され、やけど、ニキビなど何らかの炎症が起きた後に生じる跡がしみとなる場合です。
またハードな美容皮膚科治療が原因で炎症後色素沈着が生じる場合もありますが、半年ほどすれば自然に薄くなり消えていきます。
治療後の紫外線対策は欠かさずしましょう。

肝斑

30代以降の女性に発生しやすい特殊なシミで、目の下に境界がはっきりとせずに広めに生じます。妊娠中やピル(経口避妊薬)の服用中に発生しやすいことから、女性ホルモンの影響が原因とされています。

肝斑はメラノサイトが活性化しやすい状態になっているため、レーザー照射による刺激でかえって肝斑が悪化してしまう可能性があります。
そのため、シミ取りレーザーによる治療は禁忌とされていたのですが、近年QスイッチYAGレーザーによる刺激の弱い治療「レーザートーニング」が開発され、レーザーによる治療が可能になりました。
しかし、肝斑は普通のシミのように確実に取れると言い切れるものではないことには注意しなければなりません。

遺伝によるそばかす

直径数ミリ以下の丸い斑点が、頬や鼻の周りなどに多く生じる遺伝性が強いしみ。
思春期に濃くなり、中高年になると目立たなくなってきます。再発する可能性が高いと言われていますので、紫外線対策を忘れずに。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

肝斑と合併して生じることが多く、原因がよくわかっていないシミです。治療に回数・時間はかかりますが、レーザーでかなりきれいに取れます。メラニンが深い位置に存在するため、Qスイッチレーザーが有効です。

老人性イボ(脂漏性角化症)

2~20mmぐらいの類円形で少し隆起したできもので、歳を取るとともに徐々に増えていき、60歳を超えるとほとんどの人に出現すると言われています。
液体窒素による治療はその後、炎症後色素沈着が広くなりがちで、きれいになるまで時間がかかることが多いとされています。

堀江|都会の喧騒から程よく外れた好立地、静かに優雅に女を磨く美魔女の聖地

このページのトップへ戻る