QスイッチYAG(ヤグ)レーザー

レーザーでキレイになってやるわ

しみ取りレーザーにもいろいろな種類があるわ。QスイッチYAG(ヤグ)レーザーはベーシックなレーザー機器として皮膚科・形成外科で広く使われているの。

またQスイッチYAG(ヤグ)レーザーの弱い照射で可能になるレーザートーニング治療によって、従来レーザー治療は禁忌とされてきた肝斑を含むシミに対しても治療の幅が広がったのよ。

QスイッチYAG(ヤグ)レーザーとはabout

YAGレーザー

QスイッチYAG(ヤグ)レーザーとは、シミ、そばかす等の様々な治療に使用されるレーザー機器です。Qスイッチ・レーザーの「Qスイッチ」とは、高いエネルギーのレーザー光を瞬間的に発生する装置のことです。
瞬間的にレーザーを照射することで、正常な皮膚にほとんどダメージを与えずに、しみ治療ができます。

治療の流れFlow

  1. 肌状態の診察します。
  2. 洗顔・クレンジングにより、肌の汚れとお化粧を落とします。
  3. 眼を保護するためにゴーグルを装着します。
  4. レーザーを照射。
    輪ゴムで弾かれたような痛みがあります
  5. 治療後、患部に保湿剤を塗ります。

気になる術後は?

小さなシミ取りの場合は数分で終了します。しかし、広範囲にわたるアザや刺青ですと長時間になる場合もあります。シミ、そばかすでは1~2回の治療で改善します。再発した場合も治療を繰り返すことで解消できます。

術後2~3日で患部にかさぶたができます。このかさぶたが自然に剥がれるまでは塗り薬を塗るようにして下さい。塗り薬で肌を湿潤状態に保つことで、患部がキレイに治りやすくなります。自然に剥がれたかさぶたの部分はピンク色になりますが、時間の経過とともに自然な肌の色に戻ってきます。
しばらく患部は触らないようにしましょう。刺激によって再発することを避けるためです。

こんな場合はQスイッチYAG(ヤグ)レーザー

  • シミ(老人性色素斑)、そばかす(雀卵斑)、茶あざ、黒あざ、扁平母斑、異所性蒙古斑
  • ホクロ(盛り上がりのない平らなホクロ)
  • 肝斑(治療名:レーザートーニング)
石橋先生

自由診療であるため、治療費用は病院によって様々です。
シミの面積あたりで料金設定しているところもあれば、レーザー照射1回あたりで料金設定しているところもありますが、目安として約5mmのシミで数千円~一万円が一般的です。

石橋クリニックでは、顔面にあるしみが施術1回につき範囲は関係なく、2万円と設定されています。

施術例

※効果のあらわれ方には個人差があります。

治療の経過

施術前から3ヶ月後までの遷移

レーザートーニング症例写真

レーザートーニング症例|40代女性

レーザートーニング症例|30代女性

ご注意

患部の日焼け

治療前に日焼けしている場合は、レーザー治療が受けられない場合もあります。

妊娠中の方は気をつけて

妊娠中は女性ホルモンによりシミが濃くなることがあり、レーザーによる炎症後色素沈着が起こりやすくなるため、妊娠中の治療はできません。

不安な方は事前に体質の申告をして下さい

瘢痕体質(ケロイド体質)の方は、まれにレーザー治療後に肥厚性瘢痕・ケロイドを引き起こす可能性があります。

金の糸を入れている方は事前の申告をお願い致します

金の糸を入れている方はレーザー治療ができません。事前にお申し出下さいますようお願い致します。

レーザートーニング

肝斑の場合、ちょっとした刺激によってメラノサイトが活性化しやすい状態になっているため、従来のレーザー治療ではリスクが高く禁忌とされていましたが、メドライトC6を用いたレーザートーニングによって行うことが可能となりました。
穏やかな加熱を行うレーザートーニング治療では、広範囲に弱いパワーでレーザーを当てるため、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激を起こさせることなく、 メラニンを徐々に減らしていくことが可能です。

QスイッチYAGレーザーを申し込む

堀江|都会の喧騒から程よく外れた好立地、静かに優雅に女を磨く美魔女の聖地

このページのトップへ戻る